×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

めまいの治療にはを用いることがあります。

 

診察の結果、薬が処方されたら出された薬を
しっかりと飲んで治療に専念していきましょう。

 

同じめまいでも病気によって、治療で使う薬の
種類が違ってきます。

 

ここでは、主に内耳障害に基づくめまいやメニエール病のめまいに
適した薬を紹介します。

 

内耳の血流をよくしたり、内耳のリンパ液を正常化することで
症状を改善します。

 

塩酸ジフェニドール
※セファドール

 

平衡感覚にかかわる神経の働きを調整したり、血流をよくする作用があります。
内耳障害にもとづく”めまい”に有効です。副作用の少ない薬ですが、
人によってはふわふわ感や不安定感を感じることがあります。
口の渇きも多いほうです。

 

メシル酸ベタヒスチン
※メリスロン

 

耳の奥の”内耳”の血流をよくして、めまいの症状を改善します。
メニエール病をはじめ、めまいの治療に広く使われています。
副作用の少ない安全性の高いお薬です。ただ、この薬の影響で
胃潰瘍や喘息の症状を悪化させるおそれがあります。
持病のある人は、医師に報告しておいてください。

 

ATP
※アデホス

 

脳や内耳の血流量を増やし、エネルギー代謝を活発にします。
メニエール病や内耳障害による”めまい”に適応します。
副作用は、ほとんどありません。

 

カリジノゲナーゼ
※カリクレイン、カルナクリン、サークレチン

 

内耳の血管を広げ内耳循環を改善します。メニエール症候群の治療に用います。
副作用は、ほとんどありません。

 

 

以上、「おくすり110番」めまいの薬ー1から引用
http://www.okusuri110.com/biyokibetu/biyoki_cnt_11-01.html

石丸式 東洋医学によるめまい改善法

めまい,治療,薬

1日5分!自宅で簡単に実践!
薬に頼らず、東洋医学による
めまいを根本の原因から改善する方法

 

>> 公式サイトはこちら

 

 


薬関連エントリー


マーケットメイク方式